背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ2.jp

 L .OK

S

T

Y

L

E

 LIVING / OFFICE /   KITCHEN / 

 リビング・キッチンのあるオフィスという発想

リモート・テレワーク時代
順応した新らしい居住概念 

背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_TOPイメージ1
背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ17.p

テレワークが加速するなか、自宅で業務を行う機会も増えてきています。

経営者の一部では『オフィス不要論』を唱える

​企業も現れています。

LOK_背景3.png
背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ12.j

自宅業務うということ

背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ16.p

しかし、本来住宅とは『快適な暮らしの場』『家族とのコミュニケーションの場』

『くつろぎ・癒しの空間』などの要素を根底に家づくりをしているため、自宅で

仕事をするための境界が設けられていません。

そのため、快適かつ効率的なリモート・テレワークを行うためには

『仕事に専念できる物理的環境』が必要なのです。

LOK_背景5.png

オフィス自宅境界とは

背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ1.jp
背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ9.jp

オフィスの役割とは極論、社員同士がコミュニケーションを図る場です。

ミーティングやランチなどで会話を通してコミュニケーションを図る

ことでアイデアや仕事へのモチベーションを向上させるなどの

​効果があります。

かたや、自宅やカフェなので行う業務は主に作業がメインとなります。

​自宅で快適に作業を行うためには生活空間の中にも機能と作業に

集中できるゾーニングを意識した家づくりを行うことです。

​それこそが新しい時代の家づくり、『L.O.K STYLE』です。

背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ8.jp

L.O.K STYLEポイント

背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ11.j

● 集中できる場とコミニュケーション性が高い

  エリアを使い分ける

● ワークスペースとは少しセパレートされた

  プライベートの話もできる場がある

​● リラックスして気分転換ができるエリアがある

​これらのポイントを考慮してレイアウトや間取りを

計画することで自宅での業務も快適に行える

​空間が見えてきます。

背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ6.jp

資料げる

作業スペース

資料める

収納スペース

確保したデスク

L.O.K STYLE事例1

LOK_背景6.png

L.O.K STYLEアイデア

背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン.jpeg
背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ13.j

作業ができる広めのデスク領域を設けたり、

クローゼットを書斎として使用できるように

デスクスペースと書庫を設けたり、

寝室にPCスペースを確保して

業務疲れをリラックスしながらなど、

あなたのスタイル・業務内容・日常の暮らしと

照らし合わせて考えることが第一です。

自宅なので当然、家族との​日常と並行して

業務を行うためリモート時の視界なども

​考慮する必要があります。

背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ3.jp
背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ14.p
背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ10.j

L.O.K STYLE事例2

Web会議

ZOOMミーティングなどの

リモートができる空間づくり

背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ3.jp

L.O.K STYLE事例3

住居仕事場境界
意図的につくり
日常生活仕事との
えができるレイアウト

背景_コワーキングスペース_リビングオフィスキッチン_イメージ15.j
バイソン_イラスト_左.png
バイソン_イラスト_右 .png

BISON HONE ではリモート・テレワーク時代に適した

家づくりと空間のご提案を積極的に行っております。

快適な暮らし

快適な仕事

 

どちらも大事だから

どちらも叶えたい

私たちはL.O.K STYLE で
みなさまの暮らしを

これ以上悲しみが増えないように

快適に、暖かい、平穏な暮らしのお手伝いを

​させていただきます。

バイソン_イラスト_右 .png