三匹のこぶた_low.jpg
バイソン_イラスト_左.png

三匹のこぶた

みなさんご存知のこのお話は民間伝承に
よるおとぎばなしのひとつです。
家を作る時は、手早く仕上げるよりも
時間と手間をかけたほうが安全なもの
となりいざという時に役立つという
シンプルですが家づくりにおいて大事な
​ことが詰まったおはなしです。

背景_ベクター_住宅.png

Content of the story

なかよしの三匹のこぶたの兄弟がいました。

ある日、お母さんが

「あなたたちもそろそろ自分達で家を建てなさい」と言いました。

三匹のこぶたは考えました。

110036_s.jpg
110025_s.jpg
110028_s.jpg
110031_s.jpg

一番上のこぶたはワラをたくさん用意して、

ワラの家を建てました。

二番目のこぶたは木をたくさん用意して、

木の家を建てました。

三番目のこぶたはというとレンガを積み上げて

時間をかけて…

やっとレンガの家を建てました。
「よし!丈夫にできたぞ!」

家ができたので、三匹のこぶたは遊んで

いました。それを森のオオカミが

遠くから見ていました。

「うまそうなこぶた達だ!

一匹ずつ食べてやれ!」
はらぺこのオオカミが

こぶた達の後を

追いかけました。

一番上のこぶたのワラの家にそーっと近づきます。
「こんな家吹き飛ばしてやるー!ふぅ~~~っ!!」
ワラの家は吹き飛んでただのワラ…。
「うわ~オオカミだよー!!」

三匹のこぶた_わら.png
三匹のこぶた_わら.png
狼.png

一番上のこぶたは二番目のこぶたの木の家に逃げ込みました。
オオカミはまだ追ってきます。
「こんな家、おれさまのふたふきでふきとぶぞ!

ふぅ~~~っ!!ふぅ~~~っ!! 」
木の家はバラバラになってただの木くず…。

三匹のこぶた_木.png
三匹のこぶた_木.png
狼_逆向き.png
三匹のこぶた_わら.png
狼.png
三匹のこぶた_レンガ.png

二匹のこぶたは一番下のこぶたが作ったレンガの家に

逃げ込みました。

オオカミはまだ追ってきます。

オオカミは三番目のこぶたの家も壊そうとしました。

しかし、何度息を吹きかけてもレンガの家はビクともしません。

三匹のこぶた_木.png
三匹のこぶた_わら.png

オオカミは考えた末に、エントツから入ってやろうと屋根にのぼりました。

こぶたたちは、オオカミが屋根に登る気配を感じて、暖炉に火を起こし、

大なべにお湯を沸かしていました。

グラグラとお湯が沸いたところへオオカミがエントツからザッブ~ン!!
「あちちちちーーーーっ!!」
オオカミは叫んで逃げていきました。

3匹集合.png

お兄さんこぶた達は「ありがとう」と

弟こぶたにお礼を言いました。
そして、三匹のこぶたたちは幸せに暮らしました。

All's well that ends well